電話番号
サイトマップ
お問い合わせ
ホーム >> 技術紹介
技術紹介
トグル制震構法
トグル制震構法とは、「てこ」の原理を応用したオイルダンパーで地震による建物の揺れを抑える最先端構法です。
今日の耐震補強に求められる条件は、建物の保全だけではありません。
室内空間の安全や設備機器の維持といった「通常業務に支障が出ない」工法が求められています。
主な耐震工法には、「制震工法」「免震工法」「耐震工法」がありますが、
その中でも当社は、あらゆる面で優位性の高い「トグル制震構法」をおすすめします。
詳しくはこちら
RMA工法
危険な破壊形態であるせん断破壊先行型は建物にとって深刻なダメージとなるため、
安全な破壊形態である曲げ破壊先行型へ移行することが、耐震補強の面から見ても重要な課題です。
RMA工法とは、プレミックスモルタルを収容したカプセルを定着材として、
長尺や太径補強鉄筋に対して打撃による施工を可能にした、
あと施工アンカーによるせん断補強工法です。
補強筋に一般の鉄筋を用いることができる上に大型建設機械を必要としないので、
コスト・工期を抑えた補強工事が可能です。
詳しくはこちら
住金システム建築
従来の建築方法では、材料の寸法・形状などを都度検討・生産する必要があるため性能にバラつきがあり、
かつ種々の業務に時間がかかるという問題がありました。
住金システム建築とは、材料を標準化して建築プロセスをシステム化することで、
高品質・短納期・低コストを可能とした建築物のことです。
詳しくはこちら
3SICP
3SICPは、既設管路の更生工法で以下の工法を取り扱うものです。

・SGICP工法
・3Sセグメント工法
・グロー工法
・その他関連工法
詳しくはこちら